消化器内科

腹痛の原因はなに?病院を受診するタイミングとは

投稿日:

腹痛があったときに、どのタイミングで病院を受診すればよいか困ったことはありませんか。
ただの腹痛だと思っていても、腹痛の種類によっては速やかに病院を受診したほうがよい場合もあります。

ここからは腹痛の種類や原因、病院を受診すべきタイミングなどについて紹介します。
気になる腹痛が続いている場合は、ぜひ参考にしてください。

病院を受診する方がよい腹痛とは

腹痛にもさまざまなタイプがあります。
以下は病院を受診すべき腹痛の一例です。

  • 特定の場所が痛い
  • お腹を押して痛みがある
  • 痛み以外に冷や汗、吐き気、発熱などがある
  • 血便や激しい下痢がある

このような症状があるときには、なんらかの病気が隠れているかもしれません。
なるべくすぐに病院を受診して精密検査を受けるようにしましょう。

消化器内科でわかる腹痛の原因

腹痛などの気になる症状があるときには、消化器内科がある病院を受診しましょう。
消化器内科では、主に胃腸を中心とした腹痛の原因であるさまざまな病気の発見と治療ができます。

消化器内科を受診したときにわかる腹痛の原因として代表的なものを、痛みが出やすい場所ごとに紹介します。

上腹部が痛いとき

「胃炎」、「胃潰瘍」、「十二指腸潰瘍」などの病気は、胃周辺に炎症などが起こるため、上腹部に痛みが出ます。
また、「胆嚢炎」、「胆管炎」、「膵炎」などといった病気があるときにも、上腹部が痛む可能性があります。

下腹部が痛いとき

この場所には、小腸や大腸があるため腸周辺に問題が起こったときに痛みが出るかもしれません。
代表的な病気として、「虫垂炎」、「腹膜炎」、「胃腸炎」などがあります。

痛み以外の症状では、便秘や下痢など排便に関する問題が出やすい場所です。
過度なストレスを受けたときには、自律神経が乱れやすくなり「過敏性腸症候群」のように便秘や下痢を繰り返すこともあります。

上記で紹介した以外にも腹痛があるときに消化器内科で詳しい検査をすると、さまざまな病気があるかどうか確認できます。
痛みがあるときには我慢せずに、消化器内科を受診するようにしましょう。

腹痛だけなのに内視鏡検査も必要?

ただの腹痛だけだと思っていても、痛みが出た場所や症状などによってはさまざまな病気の可能性があります。
「何度も繰り返す腹痛があるとき」や、「薬を飲んでも症状が改善しないとき」には、血液検査以外にもさらに詳しい検査が必要となることがあります。

内視鏡検査とは、内視鏡というカメラを体内に入れて直接臓器を確認するという検査方法です。
食道・胃・十二指腸・大腸といった臓器を医師が直接見て病気が隠れていないかを確認できるため、臓器に起こっている問題に気がつきやすくなります。

腹部周辺の病気が気になる方や、定期的な検査をこれまで受けていない方などはこの機会に内視鏡検査を受けてみるのもよいでしょう。
とくに中高年など健康が気になる年齢になったら、定期的に内視鏡検査を受けて病気の早期発見・早期治療に努めることをオススメします。

まとめ

よくある腹痛だと自分では思っていても、実は大きな病気が隠れている可能性もあります。
気になる症状が続いているときや、なんらかの激しい症状が起こっているときには、速やかに消化器内科がある病院を受診するようにしましょう。

消化器内科では、食道・胃・十二指腸・大腸などの病気について治療がおこなえます。
医師の診察結果によっては、内視鏡検査などの詳しい検査が必要となるかもしれません。
静岡県浜松市にある当院では、胃内視鏡検査大腸内視鏡検査を受けられます。
同日検査も可能ですので、気になる症状があるときにはいつでもお気軽にご相談ください。

-消化器内科

Copyright© ATSUSHIメディカルクリニック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.