内視鏡検査 消化器内科

みぞおちに痛みがある!可能性がある病気は?

投稿日:2022年5月28日 更新日:

静岡県浜松市のATSUSHIメディカルクリニック
市野検診センター(人間ドック)、院長の鈴木淳司です。

胸とヘソの間にあるへこんだ場所を、みぞおちと呼びます。
このみぞおちに痛みが出たときには、どのような病気に注意すればよいのでしょうか。

ここからは、みぞおちの痛みについて詳しく説明します。
(※激しい痛みがある方や、体調不良の方は、速やかに病院を受診しましょう)

院長鈴木淳司

すぐに病院を受診すべき症状とは

  • 痛みが悪化している
  • 激しい痛みがある
  • みぞおち以外の場所に痛みが広がっている
  • 冷や汗が出る
  • 発熱がある
  • 嘔吐してしまった
  • 本人の意識がない

このような症状があるときには、急激に症状が悪化している可能性もあります。
すぐに病院を受診しましょう。

緊急時には、救急車を利用するのもよいでしょう。

みぞおちの痛みは何科を受診するの?

ここでは、みぞおちに痛みがあるときに受診すべき診療科を紹介します。

まずは消化器内科、循環器内科などの内科へ

みぞおちの痛みは、まずは消化器内科、循環器内科などの内科を受診しましょう。
受診時には、いつから症状があるのか、チクチク・ズキズキ・ギューッとするなど、痛みの詳細について説明できるとよいでしょう。

もし痛みが落ち着いたと思っても、再び痛みがあらわれることも考えられます。
そのようなときには、なるべく早めに病院を受診するようにしましょう。

内視鏡検査ができる消化器内科

また慢性的な痛みが続いているようなときには、大きな病が隠れている可能性もあります。

内視鏡検査などの精密検査が受けられるような消化器内科を探してみるのもオススメです。

一定の年齢になったときには、定期的な人間ドックで詳しい検査をするのもよいでしょう。

改善しない症状があるときは心療内科

また、これらの診療科を受診しても症状が改善しないときには、ストレスなどが原因で症状があらわれていることもあります。

そのようなときには、心療内科の受診を検討するのもよいでしょう。

みぞおちが痛い原因は?

消化器疾患

みぞおちがある場所には、胃・十二指腸、膵臓、小腸、大腸などが存在しています。
その部分の場所に痛みがあると、これらの臓器になんらかの異常があらわれているかもしれません。
代表的な疾患として、急性虫垂炎(盲腸)、急性膵炎、胆石症、胃潰瘍などが考えられます。

辛い表情の女性

心臓の病気

また、心筋梗塞や狭心症といった心臓の病気が発生しているときにも、みぞおちに激しい痛みがあらわれることもあります。

たとえば、息が苦しい、冷や汗が止まらない、吐き気がする、みぞおち以外に痛みがあるなどの症状はありませんか。
このような症状があらわれているときには、すぐに循環器内科を受診しましょう。

ストレスの影響

過度なストレスを受けている場合には、自律神経が乱れやすくなり、みぞおちをはじめとしたさまざまな場所に痛みを感じる場合もあります。

消化器内科や循環器内科を受診しても症状が落ち着かないと感じているときには、日々のストレスを積極的に発散するように心がけてみましょう。

暴飲暴食、喫煙・飲酒、刺激物の大量摂取など、胃腸に負担となるような生活習慣の見直しも大切です。

まとめ

みぞおちの痛みは、急性虫垂炎(盲腸)、急性膵炎、胆石症、胃潰瘍などの病気が隠れているかもしれません。

静岡県浜松市にある当院では、内視鏡検査が受けられる胃・大腸内視鏡センターと、消化器内科・内科・外科があります。

気になる症状を検査・診察したいときには、お気軽にご相談ください。
とくに原因が不明の不調が続いているときには、なるべく早めの受診をオススメします。

当院では、上記以外にも健康診断や人間ドックをおこなっています。
1年以内に定期健診を受けていない方、働き盛りでストレスが多いと感じている方など、ご自身の健康が気になる方はいつでもご利用ください。

-内視鏡検査, 消化器内科

Copyright© ATSUSHIメディカルクリニック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.