内視鏡検査

胃カメラを受けるタイミングは?どんな人に必要?

更新日:

静岡県浜松市のATSUSHIメディカルクリニック
市野検診センター(人間ドック)、院長の鈴木淳司です。

胃カメラ検査は、定期健診などでもよく実施されるようなポピュラーな検査方法です。
しかし、詳しい内容についてはあまり知らないという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、胃カメラ検査についてご紹介したいと思います。

胃カメラ(胃内視鏡検査)の定義とは

胃内視鏡検査や上部消化管内視鏡検査とも呼ばれる方法で、
口や鼻から内視鏡を挿入して食道・胃・十二指腸を
カメラで写し直接観察する検査方法です。
病気になりやすい場所にある組織を内視鏡で採取して検査することもあります。

胃カメラで何が分かるのか

定期的に胃カメラ検査を受けると、早期発見・早期治療が可能になります。
自覚症状が出にくい病気も発見できるため、
一定以上の年齢になったら、定期的に検査を受けることをおすすめします。

ここからは、検査で分かる代表的な病気の一部についてご紹介します。

胃の検査で分かること

胃潰瘍

胃壁にある粘膜が傷つくと、胃潰瘍になります。
ストレスや薬の影響などにより、胃酸過多や胃粘膜保護物質の分泌が低下することで
起こりやすくなります。胃潰瘍の発生原因といわれている
ピロリ菌の有無についても胃カメラで検査することが可能です。
ピロリ菌に感染しているときには、内視鏡でピロリ菌を除去することも可能です。

ポリープ

胃の内部にでこぼことしたポリープができることがあります。
ポリープの形や大きさによっては内視鏡でそのまま切除することもできます。

胃がん

早期の胃がんでは、痛みがなく自覚症状はほぼありません。
病状が悪化したときでも、胃炎のような痛みしか感じない場合もあります。
進行した段階では、開腹手術や抗がん剤などを利用しなければならないこともあります。

食道の検査で分かること

逆流性食道炎

胃から食道へと胃酸が逆流することで、食道に炎症が起こることがあります。
炎症が続くと食道がんが起こりやすくなります。
生活習慣によっても再発しやすいため、生活習慣の改善とともに、定期的な検査が必要です。

食道がん

飲酒や喫煙、食道炎の影響などによって起こるのが食道がんです。
早期発見では内視鏡で手術が行えます。進行してしまうと他の臓器にも
転移してしまうため抗がん剤の利用や内視鏡以外の手術が必要になります。

十二指腸の検査で分かること

十二指腸腺腫

基本的には良性ですが、十二指腸がんへ変異するリスクのある病気です。
早期であれば内視鏡で切除できることもありますが、消化液が分泌される場所でもあるため、
外科的な手術が行われることもあります。

十二指腸がん

内視鏡による手術が難しい場所であるため
早期発見の場合に限って内視鏡検査が使えることがあります。
基本的に、広い場所で起こっているようなときや、症状が進行したときには外科手術が必要です。

胃カメラを受けるべきタイミングとは?向いている人は?

胃カメラ検査をおすすめするのは、以下のような場合です。

  • 急に吐血や下血をした
  • 吐き気、ムカつき、胃部不快感などの症状がある
  • 精密検査が必要だと言われた
  • 経過観察だと言われたまま放置している

胃に穴が開いたときには、多量の吐血や下血が起こることがあります。
このような場合は、すぐに受診しましょう。

吐き気、ムカつき、ゲップなどの症状が続いているときには
何らかの異常が胃に起こっていることがあります。
薬を服用しても症状が続くときには、必ず病院を受診しましょう。

定期健診で精密検査が必要だと言われたときには
なるべく早めに胃カメラ検査を受けるようにしましょう。
指摘があるにもかかわらず、放置してしまうと病状が悪化するかもしれません。

また、以前に何らかの症状があったときに、経過観察が必要だと言われたときには必ず指示通りに検査を受けるようにしましょう。
炎症が慢性化することで発がんに繋がる場合もあるため、注意が必要です。

まとめ

胃カメラ検査を受けることでさまざまな病気の早期発見・早期治療に役立ちます。
とくに40歳以上の方や、検査で指摘を受けたとき、
気になる症状があるときには、なるべく早めに検査を受けたほうが良いでしょう。

当院では、患者様の負担が少ない胃カメラ検査を実施しています。
静岡県浜松市で胃カメラ検査を受けたい方はいつでもお気軽にご連絡ください。

-内視鏡検査

Copyright© ATSUSHIメディカルクリニック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.