人間ドック 内視鏡検査

気になる症状を見つけたら?内視鏡検査を受けてみよう

投稿日:

静岡県浜松市のATSUSHIメディカルクリニック
市野検診センター(人間ドック)、院長の鈴木淳司です。

身体のちょっとした不調や気になる症状があっても、なんとなく病院に行くことを避けてはいませんか。
とくに中高年で働き盛りの方は、毎日忙しく過ごしているとわざわざ病院に行くことが億劫かもしれません。
しかし、面倒だからと詳しい検査をせずにそのままにしておくと、時間が経つにつれて症状は悪化するかもしれません。
ここからは、内視鏡検査でわかることや定期健診についてご紹介します。

内視鏡検査の様子

このような症状があるときは

下記に挙げたような気になる症状に悩まされてはいませんか。

  • 胃の不快感、胸焼け、喉のつかえ
  • 吐き気、嘔吐
  • ゲップがよく出る
  • 黒い便が出る
  • 血便が出る
  • 貧血がある
  • 腹部が痛い
  • ダイエットをしていないのに体重が急激に減った
  • 定期健診で異常があると言われた

これらの症状がある方は、消化器内科を受診してみましょう。
症状が慢性的に続いているときや、症状が悪化しているときには、なんらかの病気が隠れているかもしれません。
そのようなときには、ぜひ内視鏡検査などを受けてみましょう。

内視鏡検査でわかること

当院で行っている胃内視鏡検査(胃カメラ)大腸内視鏡検査(大腸カメラ)でわかることについて、代表的なものをご紹介します。

胃内視鏡検査でわかること

胃内視鏡検査は、胃だけではなく、食道や十二指腸についても詳しく調べられる検査です。
体の中にカメラを入れることにより、それぞれの部位で潰瘍、出血、がんなどの変化が起こっていないかを確認します。
発見できる主な病気としては、逆流性食道炎、ポリープ、十二指腸潰瘍、食道がん、胃がんなどです。

大腸内視鏡検査でわかること

大腸内視鏡検査は、大腸と小腸の一部について、詳しく調べられる検査です。
それぞれの部位で、胃内視鏡検査と同様に潰瘍、出血、がんなどの変化が起こっていないかを確認します。
発見できる主な病気としては、ポリープ、大腸がん、潰瘍性大腸炎、痔などです。

このように、胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査は、それぞれの部位で病気があるかどうかを確認できる検査です。
ご紹介したような気になる症状が続いているときには、内視鏡検査を受けてみましょう。
もしかしたらなんらかの病気を発見できるかもしれません。

定期健診もオススメです

マルチスライスCT

定期的な検査をしばらく受けていない方は、内視鏡検査とともに各種の定期健診も試してみてはいかがでしょうか。

病気の中には自覚症状がみられないものや、症状が悪化しないと自覚症状が出てこないものもあります。
そのようなときに、検査をせずに放置してしまうと自覚症状が出てきたときには症状が進行してしまい、治療が困難になってしまうかもしれません。

とくに中高年の年代になると、加齢にともなってさまざまな病気に罹りやすくなります。
当院ではメタボリックシンドローム、婦人科がんなどの各種健診の他に、人間ドックなどが受けられます。
これらの定期健診でお体の状態を確認し、ぜひ病気の早期発見・早期治療にお役立てください。

まとめ

身体の不調や気になる症状があるときには、内視鏡検査を受けてみてはいかがでしょうか。

当院では、胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査をそれぞれおこなっています。
身体への負担が少ない「眠気の残りにくい鎮静法」と「下剤を飲まない快適な大腸内視鏡検査」により内視鏡検査に苦手意識がある方でも、リラックスしながら検査を受けられるように努めています。

静岡県浜松市にある当院では、通常の定期健診に加えて、がん健診や婦人科検診、人間ドックなどもご利用いただけます。
気になるお悩みがある方は、いつでもお気軽にご相談ください。
現在、とくに気になる症状がない方であっても、病気が隠れている可能性もあります。
早期発見・早期治療のために、内視鏡検査と各種健診をぜひご利用ください。

-人間ドック, 内視鏡検査

Copyright© ATSUSHIメディカルクリニック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.