ブログ 人間ドック 院長コラム

スリム体型でも要注意!本当はコワイ「脂肪肝」

投稿日:

静岡県浜松市のATSUSHIメディカルクリニック
市野検診センター(人間ドック)、院長の鈴木淳司です。

肝臓の病気といえば、脂肪肝、肝硬変、肝臓がんなどがあります。
これらはウイルス感染やアルコール摂取などが影響して起こることが知られています。

しかし近年、アルコールやウイルスが関係していない非アルコール性の脂肪肝が増加傾向にあるのです。

今回は、多くの方に知っていただきたい「脂肪肝」について紹介します。
スリム体型の方~肥満体型の方まで、注意してほしい内容をまとめているので、ぜひ参考にしてください。

スリム体型でも脂肪肝になる?

脂肪肝といえば、なんとなく肥満者にだけ起こるような印象をお持ちかもしれません。

しかし、実際には肥満者だけではなく、スリム体型~標準体型の方でも脂肪肝になるかもしれないのです。

たとえば、多量にアルコール摂取している方や、過度な食事制限によるタンパク質不足などをきっかけにして、脂肪肝になることもあります。

健康な肝臓と、脂肪肝

脂肪肝の原因

脂肪肝とは、肝臓に脂肪が多く蓄積した状態のことです。

食事によって取り込まれたカロリーが、運動で消費しきれないときには中性脂肪というかたちで肝臓に貯蔵されます。
この量が多くなると、まるでフォアグラのような脂肪肝となってしまうのです。

脂肪肝の原因について、代表的なものを確認していきましょう。

過食

食べ過ぎは、カロリー摂取が過剰になるため肝臓に脂肪を溜めてしまいます。

とくに脂質や糖質を摂り過ぎているときには、中性脂肪が肝臓に蓄積しやすくなります。

定期的に運動するなど、カロリーを消費するように心がけましょう。

また肥満者の方は、肝臓で中性脂肪が燃焼しにくくなるため、毎日の食事量を見直して減量を目指しましょう。

多量のアルコール

アルコールを分解するときには、アセトアルデヒドという有害な成分がつくられてから、体にとって無害な水と二酸化炭素へと分解してから排出されます。

そのため、多量にアルコールを摂取すると、分解が間に合わずにアセトアルデヒドが肝臓の細胞を傷つけてしまい、脂肪肝の原因になってしまうのです。

またアルコールが体内に入ると、アルコールが分解されるときに中性脂肪もつくられやすくなります。

タンパク質不足

ダイエットなどで極端に食事制限したときには、低栄養状態となることがあります。

とくにタンパク質が不足すると、インスリンなどのホルモンが影響を受けて、中性脂肪が肝臓に蓄積しやすくなります。

このような原因に心当たりがある方は、脂肪肝になる前に生活習慣を改めるようにしましょう。

脂肪肝は放置せずに治療を

院長 鈴木淳司

脂肪肝は、スリム体型~標準体型の方まで幅広い方にとって注意すべき疾患です。

脂肪肝を治療せずに放置した場合、肝硬変や肝臓がんに病気が進行する可能性もあるのです。

また、生活習慣病にも影響しているため、狭心症や心筋梗塞などの動脈硬化が原因で起こる病気にも注意しなければなりません。

自覚症状がなくても、定期的な健康診断を受けることで、脂肪肝を発見できます。
重大な病気が起こりにくいように、脂肪肝を見つけたときには、放置せずになるべく早めに治療を受けるようにしましょう。

まとめ

脂肪肝は、スリム体型の方~肥満体型の方まで幅広い方にとって注意すべき疾患です。

過食・多量のアルコール摂取・タンパク質不足などが脂肪肝の原因として知られているため、まずは生活習慣を見直すことが大切です。

静岡県浜松市にある「ATSUSHIメディカルクリニック」は、消化器内科・内科・外科により幅広い症状を診療しています。
自覚症状に乏しい脂肪肝が気になるときには、精密検査の機器を備えている当院までいつでもご相談ください。
クリニックと同じ施設内に健診センターも併設しているため、定期健診や人間ドックが気になるときには、お気軽にご連絡ください。

-ブログ, 人間ドック, 院長コラム

Copyright© ATSUSHIメディカルクリニック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.